【試験対策】サブネットマスク

この記事は約1分で読めます。
こんにちはリユウです。

今回は情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の対策として、「サブネットマスク」について、わかりやすく理解しやすいように、まとめました。

サブネットマスクとは?

IPv4のIPアドレスでは32ビットで表現されます。

その32ビットのうち、ネットワーク部とホスト部で構成されています。

サブネットマスクは、そのネットワーク部の長さを指定します。この長さは「プレフィックス長」といいます。

サブネットマスクの説明1

ネットワーク部の長さ(プレフィックス長)が24ビットの場合、サブネットマスクの長さは同じく24です。ホスト部の長さは、IPv4の長さである「32ビット」からネットワーク部の長さ「24ビット」を引いて、「8ビット」となります。

サブネットマスクの表記のしかた(IPv4)

サブネットマスクの長さが24ビットの場合、

IPv4(10進数)で表記すると、「255.255.255.0」です。みなさんも見たことのある形ではないでしょうか。

2進数で表記すると、「11111111. 11111111.11111111.00000000」

上記のように表記します。

サブネットマスクの説明2

 

タイトルとURLをコピーしました