【初心者でもわかる宅建】意思表示

この記事は約1分で読めます。

意思表示は、自分の意志を相手に対して表すことをいいます。
契約は、申込みと承諾の2つの意思表示が合致して成立するのが原則です。

通常の契約であれば、問題はないのですが、詐欺・強迫(=脅迫)・虚偽表示の場合、どうなってしまうのか解説します。

詐欺

詐欺は相手をだますことです。詐欺を用いた契約(意思表示)は、取り消すことができます。

この取消は、善意の第三者には対抗することができません。

取り消せるパターンと取り消せないパターン例

取り消せるパターン(詐欺)

A(詐欺者、悪意)
B(被害者)・・・Aの詐欺により土地をCへ売却。
C(善意の第三者)・・・Bが詐欺にあってることを知らない。Bから土地を買う。

タイトルとURLをコピーしました